javascriptの2次元配列の宣言と取り出し

スポンサード リンク
 
概要

2次元配列とは一つの配列型変数に配列を入れ子にできる機能です。
ただし入れ子にする場合は型が同じでないといけません。

よく縦と横をもつ配列と表現されます。配列のなかに配列を入れるイメージですね

具体的には「int count = new Array(3)(2)};」のように記載し、この場合「count」という変数は
要素(2)の配列を(3)つ持っています。

取り出すときは「count(0)」とすると配列型でかえってきて「count[0][1]」とすると数値型で返ってきます。
サンプルコードは下記

 int count = new Array(2)(2); //宣言
 test[0][0] = "値1";
 test[0][1] = "値2";
 test[1][0] = "値3";
 test[1][1] = "値4";
 var count = count[1][0]; //値3が変数に代入されます

配列は2次元まででなく、多次元配列としいって3,4次元でも可能になります。
「new Array(3)(2)(4)」のようにカッコを増やすことで対応できます。

また、番号を指定して代入するのではなく、下記のように直接すべての入れ子に
値を指定して宣言することもできます。

 test = new Array(
  ["1", "test1"],
  ["2", "test2"],
  ["3", "test3"]
 );

上記のように値を入れた場合でも取り出しは番号を指定します。
例えば配列testから「test3」を取り出すには「test[2][1]」を指定します。