javascriptの繰り返し処理、for文とwhile文

スポンサード リンク
 
繰り返し文とは

他のプログラミング言語を経験されている方ならよくご存じだと思いますが、
「ある条件を達成するまで処理を繰り返す」というような指定ができるものです。

そしてjavascriptでの繰り返し文の種類は「for」文と「while」文があります。

for文

あらかじめ何回ループさせればいいかわかっている場合に便利です。

for (i = 0; i < 5; i++) { //iという変数に0をいれループ一回ごとに加算する
  document.writeln(test[i]); // 計5回処理が繰り返されます。
}

上記のコードではコメント文に書いてある通り、「document.writeln(test[i])」という処理が5回繰り返されます。
そして出力される結果は「0」「1」「2」「3」「4」となります。
1ループするごとに「i」という変数には1ずつ加算されるためです。

while文

何回ループさせればいいかが処理によって変更される場合に利用すると便利です。

int i; //変数の宣言はwhile文の前に行います

while (i < 5;) { //条件の仕方はforと同じですが、勝手に増減しないため無限ループに注意
  document.writeln(test[i]); // 計5回処理が繰り返されます。
i = i + 1; }