javascriptを外部ファイルに分けて読み込み

スポンサード リンク
ファイルのタイプ

外部ファイルに分けて読み込む場合、記載するファイルは「.js」という拡張子でないと
いけません。
これがjavascriptをのファイルである、ということになるからです。

例えば「jv」というファイル名なら、表示は「jv.js」となるようにファイルを用意します。

この拡張子さえ合わせておけば中身については特別なことはいりませんが、HTMLで記述する
「<script type="text/javascript"> ~ </script>」の記述はいらなくなります。
あとはjavascriptの基本文法と同じです。

また、javascriptのコードを外部ファイルに分けることで、すべてのページでは処理コード
は書かず、ファイルと処理の読み込み処理を記述するだけでよくなるので、コーディングの
手間が省けるのと、コードの読みやすさがアップします。

外部ファイルの読み込みを記述

「.js」ファイルが用意できたらHTML側に処理を記載します。例文は下記

<head>
  <script type="text/javascript" src="[.jsのファイルパス]">
</head>

このように「head」タグ内にファイルパスと一緒にタグを挿入すれば直接HTML内にjavascriptを記載している
場合と同じ使い方ができるようになります。