javascriptの利点と欠点

スポンサード リンク
 
javascriptの利点

WEBで動的な動作をさせる、つまりテキストボックスなどから値を受け取りそれによって
表示内容を変化させる、などをさせるにはPHPやJAVAなどのプログラミング言語を使う方法も
ありますが、それらはポストバックといって一度サーバー(ホームページが置いてあるパソコン)
に通信し、処理結果を私たちのパソコンに返してもらってからまたWEBページを表示しなおす、
という形になるため、別ページへ移動するときと同様、画面が切り替わる必要性が出てきます。

それはJAVAやPHPの処理内容はWEBページには記載されずに処理内容を記載しているファイルを指定
しているだけなためです。

それに対してjavascriptでは処理内容をWEB上から確認できる位置に記載するためポストバックを
する必要がありません。
そのため動的な処理をしても画面が切り替わらずスムーズな動作が実現できます。

javascriptの欠点

利点の方で述べたようにjavascriptの処理はWEB上で確認できる位置に置かれるため、誰でも
見る事が出来ます。
そのためソースコードを盗まれる可能性があります。

また、基本他のプログラミング言語と同じく動的な処理を行えるのですが、データベースを
操作する事はできないため、動的な処理をすべてjavascriptに任せるというのは現実的ではありません。

それとJAVAやPHPなどはサーバー側の環境で動くのに対し、javascriptは私達利用者の環境に
依存しています。
そのため、利用しているブラウザや設定によって動作が異なることもありえます。